WIE西早稲田教育研究所:総合案内

WIE講座案内

・高校生・大学受験生の方へ (入試小論文、志望理由書などの添削)

WIE小論文navi-大学受験小論文対策講座

例えば慶應SFC・東大後期小論文入試なら、合格率7割強。推薦AO入試から、短大・専門学校、大学院に至るまで、あらゆる進学先に合格実績あり。基礎から学べる大学入試小論文講座。

・社会人・就職活動中の方へ (採用・昇進論作文、エントリーシートに対応)

WIE実用論作文-就職転職・昇進昇格論作文対策講座

読み手を動かすのは国語力じゃない。目からウロコ、と多くのお客様に絶賛された文章トレーニング。厳しくとも確実な前進、それがコンセプトのビジネス文章講座。

・卒論・論文を書く方へ (卒論・修論・博論の他、論文全般の指導・添削)

WIE学術論作文-卒論サポート・学位論文添削サービス

どうやって書いたらいいのかわからない、でも心配ご無用。学位論文の書き方には、決まったやり方、考え方がある。たった3ヶ月で、卒論ばかりか修士論文でさえ作成可能!

・法人の方へ (文章力向上研修、昇進昇格試験の出題・採点など)

WIE法人向けビジネス文章講座

会社・部署の業績は、社員個人の能力開発にカギがある。文章力だけでなく、その背景となるロジカルシンキングのメソッドを提供します。多数の一部上場企業様もご採用。

小論文の書き方とは

 小論文って何?
 どうしたら書けるようになるの?

 …そんな質問を、よく頂きます。
 小論文は、作文ではありません。もちろん、本格的な学術論文につながるものではありますが、やはり量の点で大きく異なります。
 大学受験、大学院入試で問われる小論文、また、就職や昇進試験で課される作文論文を、なぜ書かなくてはいけないかというと、それは受験者の知的能力、言い換えると学生として、会社員としてどれほど優秀であるかを測るためです。

 なぜ小論文を書かせると、そうしたことがわかるのでしょう。
 それは、小論文を書くために必要な能力を考えればわかります。
 それは第一に、課題文を正確に読みとる国語力。
 第二に、課題文の要求に沿って、自分独自の小論文を書くに十分な、論理的思考力。
 第三に、その思考を正しく、また説得的に小論文として表現できる文章力。
 そして忘れてはならないのが、それら全ての土台となる知的能力なのです。
 なぜなら、読む、考える、書く、これらの作業は、どれも高度に知的な作業だからです。

 なぜ小論文を書くのか、別の視点を提示しましょう。
 大学も企業も、優秀な学生、高スキルの社員を迎えたいと必死になっています。
 企業は言うまでもありませんが、大学も今や、学生の質が高くないと、生き残っていけなくなった時代なのです。
 学問をするにも、企業で複雑な業務を処理するにも、それを担う力はひとえに知的能力です。
 だから応募者にそれがあるかどうか、どれぐらいか、小論文を書かせて試すのです。

 さてここで、小論文を書くための能力として、知識について考えなくてはいけません。
 出題される任意の課題(テーマ)に対して、自分としての意見を作り出すもとになるのは、なるほど知識といえます。「コンプライアンスの重要性」について問われたとき、コンプライアンスそのものを知らなくては手も足も出ません。
 ですからどれだけ幅広い知識を持っているかは、重要な要素となります。
 しかし、知識を知識として持っているだけなら、全く小論文の役には立ちません。
 なぜなら、知識を土台にして「考える」ことをしなければ、自分としての意見など立てようがないからです。
 だから、いくらいわゆる小論文の「正解例」「模範文例」を数多く読み、暗記したところで全く役には立ちません(安心できる、という精神安定剤くらいにはなりますが)。
 そもそも、無限大の数があるテーマ全ての「正解」を、読み切ることなど出来るでしょうか…それこそ論理的矛盾です。

 ですからみなさんには、小論文に関して、ここでどうしても覚悟をしていただかなくてはなりません。

 小論文を手っ取り早く書けるようになる方法など、この世のどこにもありません。
 「正解」もまた、どこにもありません。

 あるのはただ、書けるようになるための「よき訓練法」と、評価に値する「よき小論文」だけなのです。
 これは研究者として、編集者として、ライターとして、これまで小論文や学術論文、そして広い意味での文章に接してきた、我々WIEスタッフの一致した見解です。

 ですからこのサイト群で提供するあらゆる情報、添削、サポートは、この「よき訓練法」を提示し、「よき小論文」とは何か、それをいかに目指すか、との立場で作られています。またそれゆえに、大学受験向けのページでは、原則として正解例文も提示はしません。また就職・昇進試験向けページでも、ご希望によっては模範例を作成しますが、あくまでもご自分で書く際の参考用として提供しています。
 なぜならそうしないことが、すなわちみなさんにとって、小論文の力を養う、もっとも有効な方法だと信じているからです。

 この「よき訓練法」を提供するため、WIEでは一切の小論文添削を、腕利きの編集者や老練な研究者が行っています。
 ですから、学生アルバイトに添削を任せるということは一切ありません。
 また、添削だけであとはおしまい、ということもありません。
 なぜなら、小論文の能力はただ文章力だけではありませんから、その背景となるさまざまな学問的教養・社会常識について、お客様が疑問を持つことは当然ですし、それに答えることもまた、「よき訓練法」を提供するためには当然必要と考えるからです。

 しかし提供するその答えとは、「Aとは何ですか」「Bです」ではありません。実はさっさとそう答える方が、小論文を添削し、質問に答えるWIEにとっては楽なのですが、そうはしません。その代わり、「その正解を見つけるためには、C・D・Eという考え方、調べ方をしてください」と答えることにしています。なぜなら、考える能力こそ小論文を書くための大事な要素なのに、その実習を省くようなことをしては、「よき訓練法」とは言えないからです。
 
 はじめ半信半疑だったお客様が、こうしたWIEの添削を受けると、驚かれることが多いようです。それは、「小論文添削指導とはこういうもの」との一般的な理解が、未だに固まっていないことにあるからかもしれません。しかしそれと同時に、「他の添削と、質がぜんぜんちがう」「ここまで手厚いとは思わなかった」との声も頂いています。
 しかしWIEとしては、小論文の力を付けるために、当たり前に必要なことを、当たり前に提供しているだけのこと、と考えています。繰り返しますが、小論文の勉強に、手っ取り早い方法などありません。いくらヤマをかけようが、公式なるものを覚えておこうが、おそらくそれでは採点対象となる小論文すら書けず、よしんば書けたにしても、大勢を出し抜くことは絶対に出来ません。
 必要なのは国語力、論理的思考力、文章力、そしてそれを養うための訓練なのです。

 これが、WIEの主張する「小論文の書き方」です。


 このサイトを開き、小論文作成の指導を始めてから、8年が過ぎました。
 多くのお客様が、志望大学へ、志望先企業へ、より上の職へと進まれました。
 添削を通じて、みなさんのよりよき人生のお手伝いが出来たこと、本当にこのサイトを開いてよかったと喜ばしく思います。
 「自分たちが身につけた技術を、世の中に役立てたい」「それをもって、この社会の知的水準を向上させたい」との願いから始めたことですから、この喜びはなおさらです。いままでのお客様に、ここで心から感謝を申し上げます。
ありがとうございました。

・講座開始のご案内 (2016/6/23)  ≫詳細