WIE小論文navi:大学別推薦AO小論文講座添削主任から


近年、自己推薦・AO入試の応募条件は、かなり緩和されています。ただ、こうした受験機会の増大は、受験生にとって単純に朗報とは言えません。なぜなら、一般入試と大差ない程度の不合格者が出るからです。応募の間口を広げた分、後でしっかり選別をする形になってきたと言えるでしょう。結局、推薦入試・AO入試を利用する場合にも、過去問を研究するなどの受験準備が重要になったといえます。この点、通常の小論文入試と同じ対策が必要です。

さらに、推薦・AO入試では、別の要素も重要になります。ほとんどの大学では、志望動機書と面接が課されており、合否を判定する際、重視されています。
WIEでは、今までに多くの方の志望動機書を添削してきました。そこで気が付いたのは、志望動機・自己推薦に関して、基本的な誤解をしている方が実に多い、ということです。特に難解大学では、大学側の用意した質問事項に答える形で志望動機書を書く形式が多いのですが、多くの答案が、この質問事項を誤解したままです。これでは書類選考の段階で不合格になってしまいます。

どうして、このような誤解が多いのでしょう。この疑問を解くために、WIEでは、推薦・AO対策を謳っている参考書などを大規模に調査しました。その結果、従来の参考書や受験対策講座の多くが、一般的・抽象的な、いわば「心構え」を述べているだけで、大学側の質問事項を分析し、何を書くべきかの指導をしていない、少なくとも極めて不十分だとわかりました。従ってWIEでは、大学側が問うていることは何か、これを徹底して分析し、それに即した答案作成を指導することにしました。

また、志望動機書を慎重に作成することは、面接の対策としても重要です。多くの場合、面接では志望動機書の内容に即した質問がされます。仮に、志望動機書とは直接関係のない質問であっても、志望動機書と矛盾する答えをしたのでは、やはり大きな減点の対象になります。ですから自分の体験や考えを志望動機書としてまとめておくことは、何よりの面接対策にもなるのです。

このような志望動機書の重要性に注目して、今回WIEではこの講座を立ち上げることにしました。また、志望動機書・面接と並んで、小論文試験が課される場合も多いので、こうした大学・学部に対しては、最新の過去問演習も併せて行うようにしました。

冒頭で述べたように、推薦・AO入試といえども、近年では「落とす」試験になりつつあります。しかし、同じ大学・学部の一般入試よりは、合格は容易だといえます。この講座を利用して、皆さんも是非志望大学の合格を勝ち取ってください。


担当講師:西田 京一西田 京一(にしだ・きょういち)
東京大学文学部西洋史学科卒業後、出版社に勤務。編集部で学術書・教科書・学術雑誌の編集に従事。2001年出版社退社後、共同経営者としてWIEを設立し、大学受験小論文の主任添削者を務める。


・講座開始のご案内 (2017/4/28)  ≫詳細