WIE小論文navi:慶應大学小論文講座(一般)

≫推薦AO入試はこちら

お待たせいたしました。新年度版(2021年入学者対象)を開講いたしました。

受講者数が定員に達しますと、募集を終了いたします。お申し込みはお早めにお願い申し上げます。

※新型コロナウイルス対策で、高校の授業進度に差が生じています。このため、21年度入試では事前提出書類や小論文試験がより重視されると思われます。詳しくはこちらをご覧ください。

WIE受講者の合格実績はこちら

受講対象とコンセプト


難易度:上級~難関レベル

慶大を小論文入試で目指す方に。
慶應義塾大学の小論文(論述力)過去問に取り組むことで、合格を目指します。

≫SFC志望の方はこちら

取り組む過去問は、過去3年分です。

  • 受講期間は、ご入金確認日より1年間です。
  • 各講座それぞれ、18~20年の試験問題を演習します。
  • 添削指導とテキストの2本立て。
  • テキスト内容は「小論文の書き方」+志望先ごとに個別の「傾向と対策」。
  • 志望先学部・学科の講座が選べます。
  • 英文での出題がある場合、英文問題も演習します。
  • 個々の文章・思考力の養成とともに、大学側の出題意図や近現代の思想動向に関する知識も補強します。

受講の前に…

 初めて小論文対策に取り組まれる方は、「入門小論文」を受講してから、大学別講座を受講されることを、お勧めしております。

 特に高校3年生の1学期までは、専門性の難関校の高い過去問演習をするよりも、高校で学習する各科目の基礎学力を伸ばすとともに、「入門小論文」で論理的な文章を書くための必須事項を着実に学んでいただくことが重要です。その後、夏休み以降の段階で大学別講座で志望校の過去問に挑戦されることを、お勧めいたします。

 その理由は、
1.理系を中心に、各学部・学科の専門に関係する知識が必要な出題が多いく、対応する高校の各教科を履修しておく必要がある。
2. 論理的な文章を書くための基礎的な能力を鍛える機会が少ないために、志望校の過去問を用いた演習をいきなり行っても、答案を改善する方法が理解しづらい。
ということです。

 実際、昨年度の実績では、「入門小論文」を受講してから大学別講座を受講された方の合格率は、大学別講座だけを受講された方よりも、10%から20%高くなっています。

添削主任より:慶大を志望される皆さんへ

 慶應義塾大学の入試では、ほとんど全ての学部で小論文が課されます。大学側が、正確な知識だけではなく、自ら考えをまとめる能力を要求しているからです。

 しかも、入試作戦上も小論文は重要です。一般に慶應大学では、各教科の出題はいわゆる難問・奇問は少ないといえます。したがって、もともと優秀な受験生が集まる大学ですから、一般教科では大きな差がつきにくいのです。特に、合否ライン近くでは、同点の受験生が何百人もいる、といった状態になります。

 小論文の配点は、学部によっても異なりますが、ほぼ他の一般教科1科目分と同じです。高等学校での小論文対策は、一般教科の片手間でなされているのが現状ですから、小論文対策に力を入れ、確実に高い得点が見込めるようになると、極めて有利になるのです。


合格者のコメント

 私は11月の慶應文学部自主推薦に落ちた後、一般の小論文対策をするために12月からWIEの添削指導を受け始めました。推薦で失敗し自分の文章にどのような問題があるのか把握できずに混乱していた私ですが、先生の客観的かつ明確なアドバイスのおかげで短期間で書く力を伸ばすことが出来ました。
 私がこれから受験を迎える方に伝えたいことは復習の重要性です。一度読んだ文章をかみ砕くことが出来ないまま新しい文章に手を出しても力は伸びません。WIEでは先生が再添削をして下さいます。同じ文章を書き直すことで、自分がどのくらい上達したかが分かり自信にも繋がりましたし、自分に足りない部分も明確になりました。先生からの添削とコメントを何度も読んで、何度も書いてください。私は本番の日にも直前まで先生のコメントを読んで、何度も書いてきたから大丈夫、と心を落ち着かせました。
 また、WIEで小論文の対策をしたおかげで現代文の成績も伸び、慶應文学部の難解な英語長文を読む力も伸びたと実感しました。WIEの講座で培った読解力と文章を書く力は社会に出た後も役立つものだと思います。ありがとうございました。
K・Hさん(2020年慶應大学 文学部合格)

 慶應義塾大学を受験するに当たり、一番の問題となったのが小論文でした。
小論文は独学が難しい科目であり、予備校などに通っていなかった私はWIEの添削指導を受けることにしました。ここを選んだ理由は、何よりも丁寧だということと、実際の過去問を添削してくれるということでした。WIEの良い点は、なぜ論証ができていないのかを具体的に説明してくれることや、書き直した二回目も添削してくれることです。また、質問にも丁寧に答えていただきました。
 初めは小論文の書き方も全く知らず、一回目の添削ではほとんどの部分が訂正され、全く論証ができていない不合格答案であったのを覚えています。指摘を受けた部分を踏まえて文章を書き直しました。すると訂正は減り、論証に成功している合格答案となりました。この瞬間、私に自信がつきました。その後の添削指導を受けていく内に、一回目で合格答案を書けるようになっていました。受験当日は自信を持って小論文を書くことができ、慶應大学経済学部に合格することができました。
 小論文は勉強しても伸びないと考える人がいますが、他の科目と同様やればできるようになる科目です。寧ろそう思っている人が多い分、得意にすれば差をつけられるはずです。ぜひ皆さんも小論文を武器に合格を勝ち取って下さい!
T・Dさん(2016年慶應義塾大学 経済学部合格)

 第1志望の法学部、併願した経済学部ともに合格することが出来ました!
 私は第1志望が、慶應の法学部だったので、WIEの慶應法学部対策講座を受講していました。この講座では法学部の過去問に取り組みましたが、WIEの講座では細かな学部別対策というよりは、むしろ、小論文への取り組み方を教えていただきました。
 その結果、第1志望の法学部はもとより、併願した経済学部も合格することが出来ました。ありがとうございました。
S・Tさん(2014年慶應義塾大学 法学部・経済学部合格)

慶応大学小論文対策室

講座の内容

配布教材 添削問題数 添削回数 受講方式
「小論文の書き方」テキスト
取り組む「問題」
「傾向と対策」
過去3年分 全問再添削 いずれか一つを選択
(受講中に方式の変更可)


…「問題」「傾向と対策」は、二つを合わせた冊子テキストを発送します。


…添削は、同じ問題について初回と再添削の2回行います。

答案提出期限

弊社より入金確認の御連絡をした日を以て契約の成立日として、その日から1年間、いつ答案を提出してもかまいません。お急ぎの方も余裕のある方も、ご自分のペースで受講を進めることが出来ます。

 

受講の概要

  • ご入金の確認とともに、教材一式を発送します。教材と受講要領をご覧の上、教材のページ順に解答して、WIEまでお送りください。
  • 教材発送の方式は、郵送とEメールによる電送のどちらかをお選びいただきます。電送の場合は、PDF形式のファイルでの送信となりますので、5MB程度のファイルが送受信可能なメールアドレスをご用意ください。
  • WIEは答案受付後、通常4~5営業日、最大7営業日以内に添削文を発送します。なおまとめ出しの場合など、必ずしもこの時間内に発送できない場合があります。詳細は「添削所要時間」のページでご確認下さい。
    ※お急ぎの方は、教材をお求めの上、こちらをご利用下さい。最短48時間で添削します。
  • 受講期間中は、メールにて、添削のほか学習上の質問にもお答えします。
  • 受験に関する疑問や学習上のハードルなど、学校の先生に相談する感覚で遠慮なくご質問ください。担当講師から、メールか、添削返却時に回答があります。

料金・お申込

  • お申し込みの前に、このページと通販法表記をよく読んで、記載事項にご同意下さい。
    ≫詳しいご案内
  • お客様の個人情報は、SSL・個人情報保護規定によって保護されています。
講座名:慶應大学小論文講座(一般) 添削問題数 料金 お申込
文学部 3年分 ¥26,000
法学部 3年分 ¥26,000
経済学部 3年分 ¥26,000
看護医療学部 3年分 ¥26,000
総合政策学部・環境情報学部     こちら
推薦入試・AO入試     こちら

※リストにない学部学科は、問題手配依頼小論文でお取り扱いします。